ファンキースタジオ様

「閑静な住宅街の木造住宅にドラムブースを作る」

東京 閑静な住宅街の一角の木造住宅の中にそのスタジオは存在します。
思い切りドラムがたたける環境を木造住宅で作って欲しいというご要望にお答えすべく、
壁厚400mm超(最大)の強固なスタジオを設計、施工いたしました。
もちろんプロユースである以上フラッターエコー対策などもしっかりと行っています。
24時間気兼ねなくドラムが叩けるスタジオとして末吉様から
絶賛のお言葉を頂戴しております。



〜☆奥様手作り看板☆〜





〜スタジオの入っている末吉様宅〜
一見この家にスタジオが?と疑ってしまうほど、ごく普通の木造住宅





〜末吉様宅ベランダ側〜
ドラムの音が外に漏れないよう、履き出しの窓を塞ぎ、吸音材を詰め込み防音





〜末吉様とコントロールルーム室機材〜



-導入システム一部-
HD3 ACCEL  192 I/O  WAVES Diamond TDM  AVALON VT737 SP







〜末吉様にドラムを叩いていただきました☆〜





〜設計図〜





ファンキー末吉様のブログ     http://funkyblog.jp/2008/04/

末吉様と仲の良い、ラウドネスの二井原様のブログ    http://blog.goo.ne.jp/m-niihara/5
スタジオの工事状況が事細かに掲載されております。